2019年11月27日

メットライフ生命「地域貢献型代理店モデル」

メットライフ生命は2018年より新たな中核代理店構想としてマグネットエージェンシー制度を打ち出しています。マグネットエージェンシーとは、地域に貢献し、人々を引き付ける魅力的な代理店のことを指します。
トータルプランニングもこの代理店として認定を受けました。
「世代を超えてお客さまをお守りする」「地域一番店」を目指してまいります。

20191127.pdf
posted by koshi at 15:53| Comment(0) | 日記

2019年11月20日

上腸間膜動脈解離(SAM)

10月29日㈫ 午前3時、お腹の激痛にて目覚めた私は貞子のように床を這いつくばってトイレまで辿り着きました。当初、食中毒、O157、食あたり等かと思って便器に座っていたのですが、下痢、嘔吐もなく激痛はやむことはありませんでした。
多分1時間ほどトイレで悶絶していたのですがこれ以上、耐えることができず救急車を呼び救急外来にて千葉西総合病院へ搬送されました。
その日の宿直医は内科のドクターでした。最初に言われたのはレントゲンに膵臓内にいくつかの膵石が確認できるとのことでした。更に検査が進み造影CTの結果、心臓血管外科のドクターが告げたのは「上腸間膜動脈解離。即、ICU(集中治療室)に入院しなければ危ないよ。」我が耳を疑いました。
そのままICUに入院になり、11月13日までの期間を病院のベットの上で過ごすことになりました。
この病気は構造上3層になっている血管の膜のうち真ん中の層が解離した状態になり、体内への出血がなかったため吐血することはなかったのですが、手術(ステント)をすることができず、ただ単にベットの上で血圧を120以下に保って安静にする治療方法がとられました。
血管内に圧力がかかり閉じかけている損傷部分が再び開かないようにするため降圧剤の服用が始まりました。まさか自分がこの年齢で降圧剤のお世話になるなんて、病気によるショックより服用するという事実の方がショックで立ち上がれない思いです。
やっと退院できましたが今では、ビソプロロール(降圧剤)なく日常生活はありえなくなった私ですが、新たな知識(病気)を武器に生保マンとして契約者さまの「安心」のため生保の啓蒙活動に人生を捧げます。
20191104_091556.jpg
皆さん下記の画像の矢印@からBの部分でどの箇所が動脈解離(SAM)を起こしているか見抜くことができますか?
20191116_111740.jpg
本当に心臓外科の主治医の平埜先生ありがとうございました。
《千葉県在住 営業 H.O 》
posted by koshi at 13:02| Comment(0) | 日記

2019年11月13日

充実した一日きらきら

だんだんと寒くなってきましたね。普段はお仕事や家事で皆様も忙しくされていると思われます。
私もお休みの日も何かしら用事があり忙しく過ごしていますあせあせ(飛び散る汗)

この日も子供達の用事で羽生と足利に行ってました。
3時間空き時間があり、足利市にある史跡足利学校に行ってみました。
20191113B.jpeg

足利学校は、日本で最も古い学校として大正10年に国の史跡に指定されたそうです。
「足利市観光案内人」が、足利学校の歴史や文化財などを分かりやすく解説もしてくれます。
また図書館には万葉集の展示があり、すべての元号が確認出来ます。
20191113C.jpeg

論語の書写体験もあり200円で論語抄も付いてくるのお勧めです。
20191113D.jpeg

帰りに美術館があり、子供の頃に見た安野さんの作品展示だったので寄ってみました。
20191113A.jpeg
この絵、見覚えありませんか?

20191113@.jpeg

先日台風の被害があった渡良瀬川…中橋を歩いて渡りましたが、現在は元の状態に戻りオートキャンプを楽しんでいる姿もありました。こんなに広い川幅が氾濫ギリギリの水位となってしまうことに自然の恐ろしさを改めて感じました。台風被害に遭われた方々にお見舞い申し上げます。

《事務スタッフ:久保》
posted by koshi at 11:15| Comment(0) | 日記