2021年04月14日

二代目

20210414A.jpeg

ひき逃げされました。
2019年から愛用していた初代老眼がひき逃げされてしまいました。
私の不注意が招いた惨事なのですが、かわいそうなことをしてしまいました。
いつもの癖で使い終わった後、スーツの胸ポケットに老眼を刺したのを忘れていて、自動車から降りた時に乱暴にジャケットを着たら、その勢いで胸ポケットから飛び出してしまったみたいです。その事に気が付かず自宅に戻ってしまいました。翌日、出勤しようと駐車場に向かうと哀れな姿になってしまった初代が倒れていました。

20210414@.JPG

ゴメンね!
こんな所でご臨終を迎えることになってしまったことに只々、謝るしかありません。

20210414B.jpeg

(千葉県でリモート中の営業 H.O)
posted by koshi at 11:20| Comment(0) | 日記

2021年04月07日

庭先のお花

自粛期間も終わりましたが、まだまだ皆様も外出を控えている日々が続いていると思います。

この時期のお花は、朝は蕾んでいても、帰宅すると咲いていたりと…

20210407@.jpeg

この芙蓉の花も朝は蕾みでしたが立派に咲いてくれました。

20210407A.jpeg

花たちに「癒しをありがとう」と感謝の毎日です。

20210407B.jpeg

《事務スタッフ:久保》
posted by koshi at 16:47| Comment(0) | 日記

2021年03月31日

『新・武井文庫』

202100331@.jpg

202100331A.jpg

ご覧の通り、いよいよ新社屋に、『武井文庫』が立派にオープン致しました。弊社トータルプランイングの仲間のご理解とご協力によるものです。お客さまや関係者の外部貸し出しも積極的に行ってますので、興味のある方は、ご遠慮なく弊社までお声かけ下さい。

ということで、最近気になるお勧め本を一冊。

202100331B.JPG

ノート2(開)『マリアビートル』…伊坂 幸太郎さん
彼の作品の中の最高峰だと感じてます。疾走する緊迫の新幹線新幹線の中での…機関車トーマスのほのぼのオタク話しが特に気に入りました。北へ向かう東北新幹線の約二時間半の間の荒唐無稽なサスペンス。これを6文字で言うと「すげえヤバい」ですかね。たくさん人が死ぬけど全くじめじめ感なし…これこそ伊坂さんの真骨頂。東京で乗って上野で降りて完結する予定だったが…もちろん終わりっこない。大宮も仙台も過ぎて行く。際立つ登場人物の個性的キャラも伊坂さんらしい。可愛い顔したサイコパス中学生。息子の仇を取りに来たアル中の殺し屋。目的のために新幹線全席を押さえる金に糸目のない強力ボス。小説好きの男みかんとトーマス好きの男の長身ノッポな果物コンビの二人組。ツキに見離されたドジなてんとう虫男の渋さ。蜂や蛇ヘビも出てくる。そして途中乗り込んだ健気な老夫婦の孫思いの素晴らしさは…要チェック。あっ…題名の“マリアビートルはてんとう虫”のことです…念のため。
「どうして人殺ししてはいけないのか?」…その回答は「殺人をしたら国家が困るから」…と誰かが言ってます…その真意が気になる方は、是非とも!!

《取締役営業部長 武井将夫》
posted by koshi at 15:59| Comment(0) | 日記