2019年04月10日

『越谷トータルプランニング 武井文庫』より お薦め!

4年ぶりに再読…自分が読書の魔力にハマった切っ掛けとなった罪深い記念すべき本です。後に映画化にもなってビックリした“人生ってそれほど悪いもんじゃないだろ”がメインテーマ
ノート2(開)『ちょっと今から仕事やめてくる』…北川 恵海(きたがわ えみ)さん
この世で生きていくためには誰もが働かくてはならない。しかしご存知のように…やり甲斐のある仕事ばかりではない、理不尽な事だって沢山ある。でも嫌な事が発生する都度、みんながみんな仕事を辞めてしまったら…確かに社会は成り立たないかもしれない。けれど社会の為に誰かが犠牲になる必要なんて決してないはず…誰にでも幸せになるチャンスは巡ってくる。
生意気にも読了したあと…仕事に悩んでた同期の友達にプレゼントしたんだっけ。
人生応援小説なんだけど…ただ単に頑張れ的なものではなく、何回も目頭が熱くなった…泣かせる。せっかく厳しい就活戦線を乗り切って入社したのだからとか、会社が人生の全てとか、会社を辞めたら負け組とか、恥ずかしいとか。仕事に疲れ追い込まれた若手社員は…駅のホームで自殺寸前…そんな彼の前に「久しぶりやな!」って現れた小学校の同級生だという関西弁の男。
20190406@.jpg
どんでん返しは…「お礼を言うのは僕の方です…僕は貴方が育てられたお子さんに命を救って頂きました!」の一言。
よろしかったら読んでみてください。
《営業部長:武井将夫》
posted by koshi at 10:13| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: